常識と非常識

 

突然ですが、あなたは血液占いを信じますか?(笑)

 

 

実は、私、「血液型は何ですか?」という質問をしてくる人とは、お友達になれる気がしないのです f(^^;

 

血液型を聞いてくる → 4つのカテゴリー分けをしたいと考えている(もしくは信じている)

 

ということだと思うのですが、これってあまりにも「雑」ですよね?

 

例えば、相手に血液型を聞いた時に「私はA型です」と言われた場合

「この人はA型なので、○○な性格なんだ」とそこで決めてしまいます。

 

相手のことを深く知ろうとせずに、血液型だけでカテゴリー分けをして

その人を「知ったつもり」になって、そこでその人を知ろうとする努力はおしまい。

 

そして、その人がその血液型占いに当てはまらない行動をすると、

「○○さんて、A型らしくないですねー」なんて言ったりするのですゆう★

 

ちなみに、海外ではこの血液型占いは誰も知りません。(一部アジアでは日本の影響で流行っているらしいのですが)

 

私は、海外で血液型を聞かれたことも、聞いたこともありません。

過去にお付き合いした男性の血液型なんて、知りもしません(笑)

 

というか、海外では、知り合って間もない人に

 

「血液型は何ですか?」なんて聞いたら、きっと変態変人と思われるでしょう(笑)

 

「何のために知りたいの?」と思われると思います。

 

星座占いも同様ですね。

 

まだ、星座の方が数が多いから、いいのかも知れませんし、これは聞いてくる人もいます。

 

私が星座を聞かれたら、「あー、この人、乙女だなー」と思うだけなのですが。。。(笑)

 

カテゴリー分けは「楽」ですが、コミュニケーション能力を上げたいと思ったら

避けた方が良いかも知れません。

 

グローバル化したいあなた、日本の常識と世界の常識の違い、知っておくと良いですね。

 

ところで、私が過去に、とても驚いたある国での常識があります。

 

それは、アフリカのケニアのある部族は、挨拶の時に「相手に唾を吐く」というものです。

 

これは、唾によって「魔除け」となると信じられており、

 

「悪いものから守り、良いことがありますように」

 

という意味が込められているのだそうです。

 

世界の常識も驚くものがありますね!

 

ネットにはたくさんのこのような情報がありますので、調べてみると面白いかも知れません。

 

"Cheers"(じゃあね)

コメント