習慣の捉え方

昨日はかなり冷え込んだ福岡でしたが、今日は一転、春の木漏れ日が差し込んでいます。

 

さて、世界にはいろんな習慣があります。

 

握手、ほっぺに2〜3回キス、唾をかける(アフリカ)、靴を履いたまま家に入るなどなど。

 

そして、最近、よく見るのがハグ

 

抱擁という意味で、抱きしめ合うことですね。

 

 

欧米人がハグするのを見かけたという人は、かなり多いのではないかと思います。

 

私のハグに対する強烈な思い出は、当時お付き合いしていた男性のお祖母様が80歳を迎えるというので、誕生日パーティーにいった日の出来事です・・・

 

小さな子供からご高齢の方含め、50人くらいの親戚中の人に、次々とハグされまくりました(笑)でも、戸惑いつつも、歓迎ムードが嬉しかったのを覚えています。

 

 

さて、このハグの意味はなんだろうということを考えさせられる出来事がつい最近あったのです。

 

それは、知り合いのカフェのオーナーが開催した「ハグキャンペーン」。(@日本)

 

そんなに難しいものではなく、飲食後の会計の際に、そのオーナーとハグをするというものです。

 

SNSでも楽しそうにハグされている写真を見ながら、微笑ましく思っていました。

 

が、しかし、実際に私がそのオーナーとハグするときには、異常な違和感を覚えたのです。

 

毎週行っているカフェですが、そのキャンペーン中に2回足を運びました。

 

一回目の時は、なんとなく違和感を感じながらハグしましたが、2回目の時は「ごめんなさい」と言って、握手をしました。

 

こう書くと、私はハグがあまり好きではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。外国人の知人が多いので、むしろ日本人の中では比較的ハグする回数は多いほうだと思います。

 

この時感じた「違和感」について、数日間考えましたが、それは、ハグは「しなければいけない」状況でするものではなく、自然と「したくなる」ものではないかと思ったのです。

 

前述の親戚一同のハグも、「ようこそ来てくれたね。楽しい時間を一緒に過ごしましょう!」と迎え入れてくれていたハグだと思います。私も、「招待してくれてありがとう。今後とも、宜しくお願いします」と言う気持ちでハグしました。

 

甥っ子が3歳の時、みんなでテレビを見てた時に、ふと私の膝の上に乗ってきて「むぎゅー」とハグしてくれたことがありました。これも、甥の無意識による愛情表現ハートです。

 

しかし、このカフェのオーナーの場合は、「キャンペーンをしているので、ハグしましょう」という、なんとなく「無理やり感」を感じたように思います。(このオーナーはとても良い方で、いろんな思いがあって、ハグキャンペーンをされていると思います。決して非難しているのではないのです。あくまでも、私が個人的に感じたことです。)

 

海外や日本で、友人に外国人を紹介された場合、ハグをする必要があるのか?

 

郷に入れば郷に従えと言う言葉がありますが、したくないものに無理に合わせる必要はないと考えます。

 

ビジネスの時に、信頼を築きたいと言うならば握手は必要かもしれません。

でも、プライベートで無理にその習慣に合わせる必要はないのではと思います。

(もちろん、国の慣習や宗教上で頭を触ってはいけない、むやみに肌を出してはいけない、左手で物を渡さないというマナーを守る必要はあります。ご自分の身を守りたいのであれば、その国の文化や慣習を尊重することは肝要です。)

 

私の友人のロシア人とニュージーランド人の夫婦は、私を何度も食事に招いてくれましたが、最後までハグをしませんでした。

多分、これは私のことが嫌いというわけではなく、日本人だからハグはしないだろうと考えてのことなのではと、あまり深くは追求しませんでした。(この夫婦も、ハグする習慣がなかったかもしれません。ただ、強要するものではないので、握手で挨拶をしていました。)

 

ということで、ハグやほっぺにキスなどは、したければすればいいし、したくない場合はしなくても良いと思います。

 

ちなみに、初対面ですぐにハグをする外国人は少ないです。(握手はもちろんしますが)

ですが、知り合いになって、一緒に楽しい時間を過ごした欧米人は、ハグをしたいと考えている人が多いです。

 

このハグは、友情を表しているのです。

 

そして、もしあなたがハグをしたいと思えば、思い切って「hug me」と両手を広げると、さらに友情が深まると思います。

あくまでも、私の意見ですので、参考までにニコッ

 

それでは、良い1日をはーと

 

"Cheers"(じゃあね)