大切な存在

  • 2017.02.17 Friday
  • 12:47

2月17日の今日は、
ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチの忌日です。

 

wikより借用i: http://ur0.pw/BHKO

1827年に、81歳でその生涯を終えました。

 

ペスタロッチは、スイスの教育実践家、シュタンツ、イベルドン孤児院の学長で、フランス革命後の混乱の中で、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事しました。

 

「スイス国民教育の父」と言われ、現代の子ども教育の基礎を築いた人物です。

 

日本の「国民教育の父」と言われている森信三や、児童心理学で有名な倉橋惣三も、ペスタロッチに傾倒していたと言われています。

岡山県苫田郡鏡野町は、知・徳・体の調和的発達と弱者への配慮ある教育を提唱したペスタロッチに着目して、「日本のペスタロッチタウン・鏡野」を宣言。ペスタロッチ像を建て、町立図書館をペスタロッチ館と名づけ、その思想の普及と継承に努めているそうです。

 

この他の日本の小中学校にも「ペスタロッチ像」がある学校がいくつかあるようですね。

 

さて、このペスタロッチですが、彼が小学校で大事にしたことは、

「まず、自分が大切な存在であること」

を教えることでした。

 

勉強ができるから、運動ができるから

親の手伝いをしたり兄弟の面倒を見るからという


・・・何かができるから大切にされるのではなく、

ここにいるだけで大切で価値のある存在なんだよ、と。

 

そのために、ペスタロッチは受け身で勉強をさせるのではなく、子どもたちが自発的に取組みたいことにチャレンジできる機会を作りました。

現在、声高に言われている「アクティブ・ラーニング」を実践していた人なのです。


成績や競争で勉強をやらせるのはなく、子どもたちの興味を引き出し、好奇心をとことんまで満たすことができる学びの場があったそうです。私も、このような学びの場を提供する教室にしたいな〜と思いつつ、ペスタロッチさんを偲んでいます。

 

そして、「自分が大切な存在である」と思っている人は、他の人に対しても

「あなたは、そのままでも大切な存在ですよ」

という風に接します。

 

そんなお子さんが増えると嬉しいなあ。

 

I like you just the way you are.  (そのままの君が好きだよ)

 

 

 

"Cheers"(じゃあね)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM